| お問い合わせ | 採用情報 | 会社概要 | English  
 お申込み手順  定期調整 パーツ交換、修理  オーバーホール  レンタル楽器  アクセス
 
 リペア
 

楽器の性能と演奏技術は常に比例しているものです。
最近、なんとなく自分の音楽にめりはりがないと
感じていませんか?一度メンテナンスをお受けください。
メンテナンス後の吹奏感は、あなたにとって忘れられないものになるでしょう。



アトリエ東京 技術室
  〒171-0022
  東京都豊島区南池袋2-24-1 八大ビル6F 地図

【 リペア受付 】
TEL: 03-5927-1811  
E-mail: repair@miyazawa-flute.co.jp   
営業時間:10:30〜19:00  定休日:木・日曜日
7/17祝日は通常営業です

※お問い合せの際は「メーカー」「モデル名」「ご希望の修理内容」をお伝えいただけるとスムーズです。
  ※19:00以降にいただきましたメールは、翌営業日の10:30より順次対応いたしますのでご了承下さい。

お申し込み手順


■ ご来店されるお客様
ご予約の方を優先して作業しておりますので、お急ぎの方は必ず事前にご連絡ください。
定期調整であれば一時間程度で仕上がりますので、ご予約をお取りになることをおすすめします。ご予約希望の方は来店日時を決めていただき、お電話・メールにてお申込みください
(当日予約OK)。ご予約のない場合、当日中に楽器をお返しできないことがございます。
また、楽器の状態によっては預かり修理となる場合がございます。予めご了承ください。


■ 遠方のお客様
配送による修理を承っております。事前にご連絡のうえ、楽器をお送りください(恐れ入りますが、往復送料はお客様のご負担となります)。楽器が到着次第、担当技術者からご連絡いたします。作業完了後は、代金引換(佐川急便)での配送となります。

梱包について
適当な箱が見つからない場合のご参考にどうぞ。


修理依頼書PDFをご利用ください
配送による修理をご希望の方はぜひご利用ください。印刷環境の整わない場合、同内容のメモ書きを同梱していただいてもかまいません。
ご来店による修理の場合もご本人様がご来店できない方はぜひご利用ください。


楽器レンタル

「メンテナンスに出したいけれど、クラブが忙しくて楽器を手放すことができない。」
  「オーバーホール期間中も練習がしたい。」
このようなお客様の声にお応えし、修理期間中の代替楽器の貸し出しを行っております(有料)。代替楽器には限りがございますので、モデルや料金など詳しい内容はお問い合わせください。



リペアメニュー

定期調整、メンテナンス

タンポの状態に応じて、紙入れをします。また、連動するキーの動きを確認します。
楽器のベストコンディションを保つためにも、半年に1回のバランス調整をおすすめします。
【 納 期 】 当日〜1週間

 機種 参考価格(税別
 C管・H管フルート  3,000〜5,000円
 特殊管(アルト、ピッコロなど)  3,500〜5,500円

              

パーツ交換、管体・キィの変形修理

タンポやコルクなどの交換から、ジョイント調整、管の曲がり直しまで承ります。
例えば1万円以内で・・・など、お客様の予算内での修理もお受けしています。
ぜひご相談ください。【 納 期 】 2日〜2週間


オーバーホール

フルートの消耗部品であるタンポやフェルト、コルクは約5〜6年で交換が必要になります。
使用していなくても徐々に劣化は進みますので、長年タンスで眠っていた楽器も安心できません。劣化が進んだ消耗部品はさまざまな面から快適な演奏を阻害しますので、安心してフルートを吹くことができるよう定期的にオーバーホールされることをおすすめします。
  【作業内容】 全タンポ交換・調整/軟部品全交換(フェルトなど)/メカニズム分解掃除
  【 納 期 】 楽器受け取りから4週間(完全予約制
  【 特 典 】当社でオーバーホール後、一年間の無償調整

 モデル 参考価格(税別)
 Atelier1, WienStage1 46,000〜56,000円
 Atelier2, WienStage2 50,000〜60,000円
 AZ, Legacy3, gi-bu 60,000〜70,000円
 Ibuki, TH
(ストロビンガーパッド仕様
67,000〜77,000円

追加工程として、全体手磨き/ガタ取り/メッキ処理/凹み直しなどを行うことができます。
 他社製も受け付けております。まずはご相談ください。



FAQ よくあるご質問について

Question
調整はどれくらいのペースで出すのか?
Answer
気になる箇所があったら、必ず調整に出して下さい。基本的にご購入後半年経ちましたら、一度点検に出して下さい。そして、ご購入一年後状態が悪くなっていなくても、もう一度点検をお勧めします。約半年に一度のペースで調整に出して頂ければ、いつもベストな状態で使用できると思います。

Question
他メーカーの楽器でも対応してくれるのか?
Answer
国内、海外を問わず、どのメーカーの楽器でも対応いたします。お気軽にお申し付けください。

Question
バスフルートは対応してくれるのか?
Answer
もちろんです。ピッコロからコントラバスまで受け付けております。

Question
メカニズムの隙間のほこり、汚れ、変色を取り除きたい。
Answer
ほこりは、絵の具用筆で軽くはく事により除けます。また、汚れ、変色は音、操作に問題がなければタンポ交換時、タンポ調整時に依頼しましょう。綿棒などで絶対にこすらないでください。付いたキズは機械作業で有償になります。

Question
研磨剤など薬品で愛器を磨きたい。
Answer
気持ちはよくわかりますが、その人の体質によってその差は大きく異なります。手汗、汚れが研磨剤などと混ざると、逆に愛器にこびりつきしまいにはキイの動きまで止めてしまう事になります。また、メッキの寿命を短くします。銀は変色してあたりまえという考えが適当と考えます。使用後、手汗の拭き取りを確実に行えば時間がたつごとに貫禄のある良い色合いになると思います。

Question
ジョイントが硬い
Answer
ジョイントが硬いと感じる場合は、一度、クロス又は、きれいな布で接続部両面(頭部、主管、下管)を組み立てる前に磨いてみて下さい。それでも硬く感じる場合には、市販のロウソクを接続部両面入口付近に、1mmほどの巾でぬりつける方法もあります。グリスなどは、ほこりなどの汚れが付着しやすく、管理が大変です。あまりお勧めできません。

Question
キイオイルは、個人で使用してもよいのか?
Answer
キイオイルは個人での使用はひかえ、調整時に技術専門家に注してもらうのが良いと思います。むやみに注してしまうと、メカニズムのバランス調整部品が取れたり、フェルトなどに染み込み取れてしまう原因になります。キイの動きに異常を感じたら常に専門家にみてもらう事が最良と思います。